ゴールデンベリーの食べ手法

ゴールデンベリーの食べ手法は、生のゴールデンベリーとドライフルーツの病状とで異なります。各自ゴールデンベリーの食べ方をご紹介します。

生のゴールデンベリーの食べ手法

生のゴールデンベリーは、がくの部分を取れば他のフルーツのように食べることができます。米国ではお菓子として引き続き食べることも多いようです。
ジャムにしたり、ピューレ状にすればゼリーやアイスクリームなどのスウィーツにも設営可能ようです。

ジャムやスウィーツ誕生にはそれなりの容量が必要になってくるので、自宅で培養やる人や潤沢頂いたら挑戦してみると良いかもしれません。
他にもサラダのトッピングや肉料理の付け合せなど、想像以上に様々な食べほうができます。
ヨーグルトに入れたり、スムージーの材料にしてもおいしそうですね。

ドライフルーツのゴールデンベリーの食べ手法

ドライフルーツのゴールデンベリーもそのまま食べることができます。
他にも、オートミールや他のドライフルーツと混ぜて手作りのミューズリーを作ったり、市販のミューズリーやグラノーラに混ぜて食べても美味しそうだ。

ドライフルーツのままだと固さが気になるという手法は、ヨーグルトや豆乳などでふやかして食べてもいいかもしれません。
刻んでクッキーやパンに入れたり、他の刻みフルーツと洋酒に漬けてパウンドケーキを取るときに使ってみても酸味が加わっておいしくできあがると思います。
ヴァーナルの全てがわかるサイト